パチスロ北斗の拳 新伝説創造の解析まとめ

パチスロ北斗の拳 新伝説創造の解析まとめ

2017年9月4日、約50,000台導入予定。新台「パチスロ 北斗の拳 新伝説創造」の解析・攻略情報になります。

【スペック解析】

基本情報導入日  2017年9月4日

タイプ ARTART

純増 約1.9枚/G

コイン持ち 50枚あたり約43G

コイン単価 約2.6円(※設定1)

 

設定 宿命の刻

機械割

設定1 1/224.3  97.8%

設定2 1/220.8  98.9%

設定3  1/213.3  100.9%

設定4  1/191.8  105.2%

設定5  1/180.1  108.7%

設定6  1/157.6  115.1%

 

純ボーナス非搭載のART特化タイプ

 

高設定確定パターン

EP最終ゲーム時北斗カウンター点灯パターン

・4つ点灯…設定456確定・6つ点灯…設定6確定

※EP最終GでPUSHボタンを押すことが条件

 

サミートロフィー

・「金」出現…設定456確定・「キリン柄」出現…設定56確定・「レインボー」出現…設定6確定

 

宿命の刻勝利演出

・衝の輪をくらい立ち上がる(復活は対象外)  設定2以上確定
・北斗百烈拳を繰り出し勝利         設定3以上確定
・ファルコの突きを無想転生         設定456確定
・初代リンで復活              設定456確定
・初代ユリアで復活             設定6確定

 

【ART初当たり確率】ART「宿命の刻」初当たり確率に設定差が存在。

1  1/224.3

2  1/220.8

3  1/213.3

4  1/191.8

5  1/180.1

6  1/157.6

【小役確率】

小役確率における設定差で注目すべき小役は以下の4役。マイスロのマイカウンターでカウントをしましょう。

小役確率(設定差あり)設定 角チェリー  中段チェリー 弱スイカ  強MB1 1/126.0  1/234.1 1/93.6  1/21852 1/121.4  1/226.0 1/92.3  1/21853 1/117.0  1/218.5 1/91.0  1/18734 1/113.0  1/211.4 1/89.8  1/16385 1/109.2  1/204.8 1/88.6  1/14566 1/105.7  1/198.6 1/87.4  1/1311

【通常時のモード移行率】設定差がある中でも特に

・低確or通常滞在時の共通ベル・弱スイカによるモード移行・高確滞在時のRT突入リプ・弱MBによる前兆への移行
に注目しましょう。
滞在モードの判別は難しいですが、強レア役以外での高挙動が目立つようであれば高設定期待度がアップします。

 

低確滞在時・モード移行率(共通ベル成立時・設定差あり)

設定  →低確 →高確1~3  99.2%     0.8%4  98.4%     1.6%5  97.7%     2.3%6  96.9%     3.1%

 

低確滞在時・モード移行率(弱スイカ成立時・設定差あり)

設定 →低確  →通常   →高確  →前兆1~3 71.9%  25.0%    1.6% 1.6%4 68.0%  28.1%    2.3% 1.6%5 64.1%  31.3%    3.1% 1.6%6 57.8%  34.4%    6.3% 1.6%

 

通常滞在時・モード移行率(共通ベル成立時・設定差あり)

設定 →通常  →高確  →前兆1~3 98.8%  0.8%   0.4%4 98.1%  1.6%   0.4%5 97.3%  2.3%   0.4%6 96.5%  3.1%   0.4%

 

通常滞在時・モード移行率(弱スイカ成立時・設定差あり)

設定 →通常 →高確 →前兆1~3 73.4% 25.0% 1.6%4 69.9% 28.1% 2.0%5 66.4% 31.3% 2.3%6 58.6% 37.5% 3.9%

 

高確滞在時・モード移行率(RT突入リプ・弱MB|設定差あり)

設定 →高確 →前兆1 99.2% 0.8%2 99.2% 0.8%3 98.4% 1.6%4 97.7% 2.3%5 96.1% 3.9%6 95.3% 4.7%

 

高確滞在時・モード移行率(弱スイカ成立時・設定差あり)

設定 →高確 →前兆1 81.3% 18.8%2 81.3% 18.8%3 81.3% 18.8%4 78.1% 21.9%5 75.0% 25.0%6 71.9% 28.1%

 

高確滞在時・モード移行率(チャンス目成立時・設定差あり)

設定 →高確 →前兆1 81.3% 18.8%2 81.3% 18.8%3 80.5% 19.5%4 78.9% 21.1%5 77.3% 22.6%6 74.2% 25.8%

【ART終了時・設定変更時のモード移行率】

・ART(宿命の刻・激闘乱舞)終了時・設定変更時は設定に応じて移行先のモードを決定。

高設定ほど高確or前兆への移行率が高く、特に前兆への移行は設定差が大きくなっています。

ART終了後・設定変更時にレア役を引かずに、16G以内に宿命の刻当選となった場合は、前兆スタートが濃厚となり高設定期待度がアップ。

ART終了時・設定変更時のモード移行率は、以下の通りです。

モード移行率(ART終了時・設定変更時)

設定 →低確 →通常 →高確 →前兆1~3 37.1% 37.5% 25.0% 0.4%4・5 34.4% 31.3% 31.3% 3.1%6 31.3% 25.0% 37.5% 6.3%

【宿命の刻敗北画面】宿命の刻敗北時の画面は北斗七星(+死兆星)が出現する可能性あり。

その際は宿命の刻スルー回数を把握できるケースが存在。※据え置きorリセットが判断できない状況ではスルー回数を判断できない点に注意。

北斗七星出現+復活なし
・3スルー以上(宿命の刻4回以内の激闘乱舞突入が確定)・スルー回数天井6回の振り分けではなかったことが確定

 

北斗七星+死兆星

・復活確定・スルー回数天井まで残り0or1回だったことが確定

「北斗七星+復活なし」を確認できた際は、スルー回数天井最深部が否定されるため、設定1・2以外の可能性が大幅にアップ。

激闘乱舞終了時のスルー回数天井最深部以外の選択率は、以下の通りです。

スルー回数天井最深部以外の選択率(闘乱舞終了時)

設定 選択率1 2.3%2 2.3%3 11.7%4 21.1%5 30.5%6 44.5%

 

【EP最終ゲーム時北斗カウンター点灯パターン】エピソード(劇闘)突入時は最終Gに注目。

全リール停止後にPUSHボタンを押すと、北斗カウンターの周囲が点灯します。この点灯の種類に設定示唆パターンが存在。

・時計回り   奇数設定示唆・反時計回り  偶数設定示唆・4つ点灯    設定456確定・6つ点灯    設定6確定

点灯パターンの振り分けは、以下の通りです。

エピソード最終ゲームボタンプッシュ時北斗カウンター点灯パターン振り分け

設定 時計回り  反時計回り 4つ点灯   6つ点灯1 57.0%    43.0%  -      -2 43.0%    57.0%  -      -3 57.0%    43.0%  -      -4 43.0%    56.0% 1.0%      -5 55.3%    43.3% 1.5%      -6 48.5%    48.5% 2.0%     1.0%

 

パチスロ北斗の拳 新伝説創造の解析まとめについてでした。